本文へスキップ

岩手の新築・リフォーム・不動産のご相談はメイクホームへ

お見積無料電話0120-41-5243

岩手県盛岡市上堂1-19-33 営業時間/8:00~17:00

補助金・減税・控除 情報contact us

補助金・減税・控除



性能向上リフォームで補助金獲得!


性能向上リフォーム工事をしたら、減税も忘れずに!




補助金
長期優良住宅化リフォーム インスペクションを受け、劣化対策、耐震性能、省エネ性能、維持管理性能のリフォーム工事費用の補助金を受けられる制度です。
補助金最大300万円
詳しくはこちら
・太陽光発電システム
・蓄電システム
・HEMS 設置補助金
H30年度(予算に達するまで)
盛岡市で太陽光発電システム,太陽光発電システムと連携する蓄電システム及びホームエネルギーマネジメントシステム(HEMS)を設置する人への補助金制度です。
太陽光発電システム設置 → 補助金最大8万円
蓄電システム設置 → 補助金10万円
HEMS設置 →
補助金2万円

詳しくはこちら
すまい給付金 新築の購入や、宅地建物取引業者が販売する一定の要件満たした中古住宅の購入で受けられる給付金です。(所得要件有)
給付金 最大30万円
詳しくはこちら
【盛岡市】耐震診断補助 昭和56年5月31日以前の木造住宅を対象に、耐震診断費用が補助されます。(自己負担額3,085円)
補助金 最大27,772円 (限定12戸)
【盛岡市】耐震改修補助 昭和56年5月31日以前の木造住宅で、一定の耐震基準に満たない場合、耐震改修工事費用の1/2の額が補助されます。
補助金 最大617,000円(限定3戸)
【滝沢市】耐震診断補助
昭和56年5月31日以前の木造住宅を対象に、耐震診断費用が補助されます。(自己負担額3,085円)
補助金 最大30,850円
詳しくはこちら
【滝沢市】耐震改修補助
昭和56年5月31日以前の木造住宅で、一定の耐震基準に満たない場合、耐震改修工事費用の1/2の額が補助されます。
補助金 最大617,000円
詳しくはこちら

減税
長期優良化リフォーム減税【ローン型】
H33.12.31まで
ローンを利用して一定の省エネ改修と耐久性向上工事を行い、長期優良住宅認定を取得することで受けられる減税制度です。
最大控除 62.5万円
詳しくはこちら
長期優良化リフォーム減税【投資型】
H33.12.31まで
耐震又は一定の省エネ改修と耐久性向上改修を行い、長期優良住宅認定を取得することで受けられる減税制度です。バリアフリー、同居対応改修減税併用可能です。
最大控除 50万円 (併用で最大60万円)
詳しくはこちら
省エネ改修減税【ローン型】
H33.12.31まで
ローンを利用して一定の省エネリフォームと増改築工事を行う場合に受けられる減税制度です。
最大控除 62.5万円
詳しくはこちら
省エネ改修減税【投資型】
H33.12.31まで
一定の省エネリフォームをした場合に利用できる減税制度です。同居対応、省エネ、耐震改修、太陽光発電設置と併用可能です。
最大控除 25万円(併用で最大105万円)
詳しくはこちら
バリアフリー減税【ローン型】
H33.12.31まで
ローンを使ってバリアフリーリフォームをした場合に、所得税控除を受けられる制度です。
最大控除額 62.5万円
詳しくはこちら
バリアフリー減税【投資型】
H33.12.31まで
自己資金またはローンを使ってバリアフリーリフォームをした場合に利用できる減税制度です。同居対応、省エネ、耐震改修、太陽光発電設置と併用可能です。
最大控除額 20万円(併用で最大105万円)
詳しくはこちら


控除
住宅ローン減税
毎年末の住宅ローン残高又は住宅の取得対価のうちいずれか少ない方の金額の1%が10年間に渡り所得税の額から控除されます。新築の他、中古住宅に耐震改修や既存住宅瑕疵保険をつけることで、受けられる場合があります。
最大控除額 400万円
(低炭素住宅、長期優良住宅は
最大500万円)

詳しくはこちら
耐震リフォーム
耐震リフォームすることで、家屋にかかる固定資産税が軽減されます。
固定資産税の1/2軽減(一年度分)
詳しくはこちら
省エネリフォーム
耐震リフォームすることで、家屋にかかる固定資産税が軽減されます。
固定資産税の1/3軽減(一年度分)
詳しくはこちら
バリアフリーリフォーム
耐震リフォームすることで、家屋にかかる固定資産税が軽減されます。
固定資産税の1/3軽減(一年度分)
詳しくはこちら

住宅を新築、リフォーム、取得予定の中古住宅を補修するなどして、補助金や減税、控除を受けられる場合があります。ご相談ください。弊社では下記の補助金対象工事を行っております。住宅性能を向上させるなら利用を検討しましょう!耐震改修・省エネ改修・バリアフリー改修工事を行った場合、投資型(自己資金で工事した場合)、ローン型(借入で工事した場合)、減税が受けられます。(所得税・固定資産税)※公募・応募期間がありますので、それに合わせ計画を進めます。※国と市町村の補助金は重複して申請が可能な場合があります。
l>